SSブログ
シノダケ・ヒンメリ ブログトップ
前の10件 | -

シノダケ・ヒンメリ88 シノダケでスクエア:その1 [シノダケ・ヒンメリ]

前回の第87回の作品で真ん中に入れた「スクエア」を展開してみました。
このシリーズは、正八面体を8個、正方形に四角く繋いだモノが基本の単位(最小の形)と考えています。縦横同数を基本としているので、「スクエア」と呼ぶことにします。

スクエア3×3.jpg
写真は、3×3のスクエア。斜めに置いています。

今回は、3×3のスクエアを4つ作って、それを写真のように繋ぎました。全体では、7×7のスクエアになっています。今回の部材寸法は10cmなので、全体は一辺が70センチの正方形になりますが、角を頂点にして吊り下げる形で飾っています。

スクエア4.jpg

作品は、真ん中に六芒星をアクセントに置きました。作品が大きくて全体写真が撮れませんので、残念ですが、部分写真です。

ちなみに、スクエアを構成する必要な部材数は、472本となっています。

屋外シノダケ・ヒンメリ.jpg
屋外に飾ったシノダケ・ヒンメリ

屋外での写真を撮ってみました。こんな感じです。もう少し小さく作って、窓際などに飾るのが本来の使い方のようです。
   N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

シノダケ・ヒンメリ87 シノダケでリングをいろいろ作ってみました2 [シノダケ・ヒンメリ]

前回の第86回で作った一番大きなリングを作品風に仕立ててみましたので紹介します。
ちなみに一番大きなリングは、8面体の個数36(n=36)個、主要寸法10cmで作りました。前回も書きましたが、外周は、36個*10センチ=360センチなので、直径が約115センチ弱になりました。
作品は、こんなふうになりました。

大リング.jpg

8面体の個数36(n=36)個、主要寸法10cmの大きなリングの内側には、8面体の個数24(n=24)個、主要寸法10cmのリングを作って入れました。こちらは、外周は、24個*10センチ=240センチなので、直径が約76センチ強になりました。
それだけだと、真ん中が締まらないので、正8面体を8個繋いだモノ(このページでは、このシリーズを「スクエア」と呼ぶことにします)を作って入れました。こちらは部材寸法は10cmなので、一辺が30センチの正方形になります。
ちなみに、必要な部材数は、外側から468本、312本、104本となっています。
なお、屋内で全体を一枚の写真に収めることが出来なかったので、屋外で写真を撮りました。

屋外大リング.jpg
屋外での全体写真

ちなみに、3つのパーツが吊り下げられているので、モビールのように形を変えます。例えば、こんなふうになります。

屋外大リング2.jpg

   N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

シノダケ・ヒンメリ86 シノダケでリングをいろいろ作ってみました1 [シノダケ・ヒンメリ]

第83回と第85回で紹介したリングの作り方では、8面体の個数や部材の寸法を変えることで、いろいろな形のリングが出来るという話をしました。そこで、実際にいくつか作ってみたので紹介します。

1.8面体の個数9(n=9)個、主要寸法10cmで作りました。
内径を繋ぐ部材を省いているので、真ん中に9芒星が見えます。8面体の個数に比べて主要寸法が長いと、このようなリングを作ることが出来ることが分かりました。

リング1.jpg

2.8面体の個数12(n=12)個、主要寸法5cmで作りました。
ドーナツのような形になりました。
外周が12*5=60なので、直径が約19センチほど。
内径の穴が9センチほど、となっています。

リング2.jpg

3.8面体の個数18(n=18)個、主要寸法5cmで作りました。
リース用のリングのような形になります。
外周が18*5=90なので、直径が約29センチ弱。
内径の穴が19センチ弱となっています。

リング3.jpg

4.どこまで大きいものが出来るか、試してみました。
8面体の個数36(n=36)個、主要寸法10cmで作りました。

リング4.jpg

大きさが分かりにくいので、2と3を中に置いて写真にしました。
外周は、36*10=360なので、直径が約115センチ弱になりました。
内径の穴が95センチ弱となっています。

各々の内径の部材寸法(イ)と補強の部材寸法(ウ)は、作る形の大小によって、紹介している【寸法の出し方】での寸法を多少調整する必要があります。

【再々掲:参考:今回の部材寸法の出し方】
なおこの方法で、内径の部材寸法(イ)と補強の部材寸法(ウ)は、8面体のメインの寸法(ア)と8面体の個数(n)により、以下の式で求めることが出来ます。
イ=ア*(1-3.14*2/n)
ウ=(ア+イ)/2

   N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

シノダケ・ヒンメリ85 シノダケでリングの作り方2:詳細図解版 [シノダケ・ヒンメリ]

前々回「83」で紹介したリング状の作成手順の部分を簡潔な図解にしてみましたので紹介します。

≪作り方の手順≫
.8面体の内径に当たる部分を除き、21(n=21)個を繋ぎます。

手順1.jpg

最初に21本で輪(=外周)を作ります。下図の黄色部分。
黄色の輪(=外周)の上に図の桃色部分のように、二本入れては外周と繋ぐを繰り返し、三角形を21(n=21)個作ります。
次に、②と同様に、黄色の輪(=外周)の下に図の赤色部分のように、二本入れては外周と繋ぐを繰り返し、三角形を21(n=21)個作ります。

.内径に当たる部分を除き8面体を組み立てます。(反時計回りに進めます。)

手順2.jpg

外周部分からワイヤー2本とも引出し、2本一緒に部材1本に入れます。
引き出した2本のワイヤーに各々部材1本を入れて、一つは右の8面体の頂点(三角形の角)のひとつと繋ぎます。(ピンク★からアカ☆)
もう1本ワイヤーも同様に部材1本を入れて、右のもう一つの8面体の頂点(三角形の角)と繋ぎます。(ピンク★からミドリ☆)
②、③ともワイヤーに三角形の角から部材1本を入れて、ワイヤー同士を結びます。(キイロ☆で2本を結ぶ。)
①の作業(外周部分からワイヤー1本引出し、部材1本入れ)、④の2本のワイヤーと結びます。(3本のワイヤーをキイロ☆で結ぶ。)
②から⑤までの作業を繰り返します。(ワイヤーは2本で進めるので、1本はシノダケ部材の中で処理する。)繰り返していくと、蛇腹の構造まで完成。

.後は、リングに沿って、内径(キイロ線)と頂点2ヶ所を結ぶ(ピンク線とアカ線)の合計3周の繋ぎの部材を入れれば、完成です。

手順3.jpg

8面体の内径に当たる部分を繋ぐ部材(キイロ:5.4センチ)を入れ順に繋ぎます。(これでほぼ完成ですが、リングとしては上下にグニャグニャです。)
8面体の上にピンクの繋ぎを入れてリングを補強します。
②が完成した段階でリングをひっくり返して、8面体の下にアカの繋ぎ(6.6センチ)を入れてリングを補強します。これで完成です。

【図中の記号】
★印:を結ぶ。
■印:ワーイヤー折り曲げる部分の表示。
実線:シノダケ材の位置と進行方向。

【再掲:参考:今回の部材寸法の出し方】
なおこの方法で、内径の部材寸法(イ)と補強の部材寸法(ウ)は、8面体のメインの寸法(ア)と8面体の個数(n)により、以下の式で求めることが出来ます。
イ=ア*(1-3.14*2/n)
ウ=(ア+イ)/2

【再掲:今回のレシピ:正8面体の個数21個の場合】
ア 7.8センチの部材:231本(=11*21)
イ 5.4センチの部材:21本(内径部分を繋ぐ部材)
ウ 6.6センチの部材:42本(8面体の上と下に繋ぎとしていれる部材)
全部で、3種類、294本となります。
なお、部材の寸法は、比率が同じであれば、自由です。
   N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

グリーンライブセンターのシノダケ飾りの「メイン」を更新! シノダケ・ヒンメリ84:ワークショップニュース9 [シノダケ・ヒンメリ]

グリーンライブセンターのシノダケ飾りの「メイン」を更新しました。

前回「シノダケ・ヒンメリ83」で紹介した8面体21個のリングを作品風にして、多摩市グリーンライブセンターのシノダケ・ヒンメリの飾りを、写真のように更新しました。

更新した様子.jpg
更新した様子

現在は、「球体」がメインテーマなので、リングの中に既に紹介した球体を入れてみました。ちょっと面白いものが出来ました。

拡大するとこんな感じです。

拡大図.jpg
拡大図

グリーンライブセンターではモモの花も咲き始めました。来館の際に観てもらえればと思います。
   N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

シノダケでリングの作り方 - シノダケ・ヒンメリ83 [シノダケ・ヒンメリ]

シノダケ・ヒンメリでは、いろいろな形を作ることが簡単にできるという話をこれまでしてきました。そんな中で、正五角形を繋いだリース(no10)六角穴のトーラス(no54)などでリング状の作品をいくつかを紹介しました。
今回は、もっと簡単な形で自由な大きさのリングの作り方の話をします。

今回は、正8面体を一部変形させて繋ぎリングにするものです。下の図のものです。

シノダケ・リング(正8面体).jpg
シノダケ・リング(正8面体)

以下のようなイメージです。
・正8面体を立てた形で繋いでいきます。
・リングを構成する正8面体の個数は自由です。(今回は21個)
・正8面体を繋ぐだけでは丸いリングにはならないので、1本だけ長さを変えて繋いでいきます。
(リングの内径に当たる部分の部材の寸法を短くしています。計算して長さを割り出しています。)
・最後にリング形状を安定させるために変形正8面体の上と下に繋ぎの部材を入れて補強します。
・以上で、完成です。

≪今回のレシピ:正8面体の個数21個の場合≫
:7.8センチの部材:231本(=11*21)
:5.4センチの部材:21本(内径部分を繋ぐ部材)
:6.6センチの部材:42本(8面体の上と下に繋ぎとしていれる部材)
全部で、3種類、294本となります。

≪作り方の手順≫
図は、リングの完成・部分拡大図です。

リングの拡大図.jpg
リングの拡大図

最小単位が、正8面体のようなものであることが分るでしょうか。
写真では分かりにくいかも知れませんが、リングの内径に当たる部分だけ、部材の寸法が違います。
8面体の(頂点の)上と下に繋ぎは最後に入れます。

では順に、作り方です。
.8面体の内径に当たる部分を除き、21個を繋ぎます。
 ① 最初に21本で輪を作ります。
 ② 輪の上下に図のように、三角形を作ります。

手順1:内径を繋ぐ.jpg
手順1:内径を繋ぐ

.内径に当たる部分を除き8面体を組み立てます。(反時計回りに進めます)
 ① 外径部分からワイヤーを引出し、部材1本入れます。
 ② ①の先に部材1本を入れて、右の8面体の頂点(三角形の角)のひとつと繋ぎます。
 ③ ①の先にワイヤーをもう1本繋いで、部材1本を入れて、右のもう一つの8面体の頂点(三角形の角)と繋ぎます。
 ④ ②、③とも8面体の頂点(三角形の角)から各々、部材1本を入れて、ワイヤーを結びます。
 ⑤ ①の作業を繰り返し、④の2本のワイヤーと結びます。
 ⑥ ②から⑤までの作業を繰り返します。(全体では21回になります)

手順2:8面体を組み立てる.jpg
手順2:8面体を組み立てる

下の図は、8面体の内径に当たる部分を除き21個を繋いだものの拡大図です。内側が蛇腹のような構造になっています。
(ここまでは、一つの寸法の部材のみで作ります。)
後は、リングに沿って、内径と頂点2ヶ所を3周、繋ぎの部材を入れれば、完成です。

内側が蛇腹.jpg
内側が蛇腹

.先ず内径部分を繋ぐ部材(5.4センチ)を入れます。
(これでほぼ完成ですが、リングとしては上下にグニャグニャです。)

手順3:内径を繋ぐ部材を入れる.jpg
手順3:内径を繋ぐ部材を入れる

.8面体の上と下に繋ぎを入れてリングを補強します。
6.6センチの部材を使って8面体の頂点を繋ぎます。
下の図は、上を一周したところです。
リングをひっくり返して、同様の作業をすれば、完成です。

手順4:繋ぎでリングを補強する.jpg
手順4:繋ぎでリングを補強する

部材を300本ほど使うので、根気は要りますが、手順はシンプルだと思います。蛇腹を作るところが説明を聞いただけでは分かりにくいかも知れませんが、一つ作れば要領が分かると思います。一度試してください。

【参考:今回の部材寸法の出し方】
なおこの方法で、内径の部材寸法()と補強の部材寸法()は、8面体のメインの寸法()と8面体の個数()により、以下の式で求めることが出来ます。
×(1-3.14×2÷
=()÷2
次回以降も、基本形の変形で出来るリングなどを紹介していきたいと思います。
   N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

グリーンライブセンターの飾りを更新! シノダケ・ヒンメリ82:ワークショップニュース8 [シノダケ・ヒンメリ]

多摩エコ・フェスタでは、たくさんの方にシノダケ・ヒンメリづくりを楽しんでいただきました。二日間に50人ほどではなかったかと思います。(あまりに忙しくて、人数を数えたり、写真を撮ったりの時間が取れませんでした。)

一方、昨年末から続いているグリーンライブセンターでのシノダケ・ヒンメリの飾りですが、こちらは写真のように更新しました。

今回は、「球体」がテーマ。三月のお雛様のぼんぼりのイメージという感じです。

2月のぼんぼり飾り.jpg
2月のぼんぼり飾り

12月までのクリスマス飾りは、大きさ別にまとめて一つにしました。またまったく別の景色を作っています。
時間を作って、グリーンライブセンターでの様子を観てもらえればと思います。

鈴の木のようなオブジェ.jpg
クリスマス飾りを集めて作った「鈴の木のようなオブジェ」

まだ決まったことではありませんが、出来れば、このグリーンライブセンターでのシノダケ・ヒンメリ飾りを、通年で実施したいと考えています。
そのため、前回同様、展示作品を作るワークショップも開催していくことを考えています。差し当たって、今回飾ってあるものの一つをワークショップ形式で作る機会を予定したいと考えています。
   N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

飾りフレームを作ってみましょう! シノダケ・ヒンメリ:ワークショップニュース7(2020/1/16) [シノダケ・ヒンメリ]

多摩エコ・フェスタ2020でのシノダケ・ヒンメリの工作メニューが決まりました。
たくさんの方の参加をお待ちしています!!

パルテノン多摩で毎年行われている「多摩エコ・フェスタ」で、1月18日10時から12時までと、19日10時から16時まで、工作コーナーでシノダケ・ヒンメリづくりを楽しんでいただけます。

今年は、吊り下げても、或いは台座の上に置いて卓上にも好い「飾りフレーム」を自由に作ってもらう予定です。

飾りフレーム.jpg
飾りフレーム

写真は一例で、いくつかのサンプルを用意しますので、自分好みの作品を作ってもらえればと考えています。作品の大きさやプロポーションも自由に自分で決めていただけます。(なお、用意できる材料上の制限はあります。)

作例1.jpg
作例1

作例2.jpg
作例2

作例3.jpg
作例3

どんなものを飾るかをイメージして作品を作っていただくのが好いかなと考えています。
直前のご案内になりましたが、奮って参加していただければと思います。
なお、子供向けに別の工作メニューも用意する予定です。
当日会場でお待ちしています。
   N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

クリスマス飾り作りのワークショップ終了-作品のお持ち帰りを! シノダケ・ヒンメリ:ワークショップニュース6 2019.12.26 [シノダケ・ヒンメリ]

作った作品の回収(お持ち帰り)をお願いします!!

グリーンライブセンターのクリスマス飾り作りのワークショップでの大切なお知らせを忘れていました。グリーライブセンターでのクリスマス飾りは、12月26日に片付けを行いました。ワークショップに参加して頂いて、かつ飾りつけにも協力して頂いた作品については、お返しします。恐縮ですが、グリーライブセンターにお越し頂き、お持ち帰りをお願いします。

タグ付きの鈴形シノダケ・ヒンメリ.jpg
タグ付きの鈴形シノダケ・ヒンメリ

テープ印付き星形シノダケ・ヒンメリ.jpg
テープ印付き星形シノダケ・ヒンメリ

なお、写真のように、鈴形と星形とを分けて、庭先に出てすぐの場所に吊り下げていますので、森木会のメンバーに一声かけてお持ち帰りいただければと思います。

今後の予定ですが、クリスマス飾りは終了したのですが、シノダケ・ヒンメリについてはしばらくの間、一定程度の期間、飾り付けを残すことにしました。
残った鈴形のシノダケ・ヒンメリ飾りは170個ほどあるので、鈴形を大きさ毎に段々に吊り下げていくことにしました。全体を一度に繋ぐことは出来ないので、徐々に進めて三つの大きな作品に仕上げていく作業となります。
完成すると、最終的には、庭先に散らばって飾られていたシノダケ・ヒンメリが全部集まって、3つの樹(状)になる予定です。6段から7段ほどの「樹(状のもの)」が三つ出来る予定です。グリーライブセンターに来訪して頂き、その変化を楽しんでいただければと思います。

そんなことで、回収を急ぎませんが、出来れば、1月の中旬までを目途にお願いできればと思います。よろしくお願いします。最後になりましたが、重ねて、ご協力いただいた方には、お礼申し上げます。

鈴形を重ね合わせたデザイン.jpg
(参考)鈴形を重ね合わせたデザインのシノダケ・ヒンメリのイメージ
このような作品が三つ出来上がることとなります。
  N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域

シノダケ・ヒンメリ79 ワークショップニュース5 - ワークショップは無事終了しました 2019.12.20 [シノダケ・ヒンメリ]

グリーンライブセンターのクリスマス飾り作りのワークショップは、無事終了しました。協力していただいた方にはただただ感謝です。
11月21日の恵泉女学園大学のクリスマス飾りの開始に合わせて始めたシノダケ・ヒンメリ作りのワークショップですが、延べ45人ほどの方の参加を得ることが出来ました。たくさんの人とは言えないまでも、やるだけのことはあったというところでしょうか。まだまだ知られていないシノダケ・ヒンメリの認知度を上げることにはなったのかと思います。

ワークショップスペース.jpg
グリーライブセンターの一角に用意されたワークショップスペース

参加者は、多くが女性だったのですが、3人の男性も参加してくれました。一人は小学生、一人はグリーンライブセンターの飾りを観てわざわざ武蔵野市から見えました。手に障害を持った方の参加もありました。

恵泉女学園大学とのコラボ.jpg
恵泉女学園大学とのコラボレーションしたシノダケ・ヒンメリ飾り

女性では、グリーンライブセンターでの体験学習に来ていた中学生と恵泉女学園大学の学生も参加してくれました。森木会との関係では、リース講座を担当していた人がたくさん参加していただきました。多摩めかいの会の人も参加していただきました。

東屋の飾り.jpg
シノダケ・ヒンメリを中心にした東屋の飾り

今回は、木工クラブとして試験的な取り組みでもあって、十分な体制が取れなかったことで、グリーンライブセンターへの来訪者に対して殆ど積極的な働きかけが出来ませんでした。事前に広報に載せて講座の開設を宣伝する必要性などの課題がある一方で、他とのコラボレーションによってより楽しい飾り付けになる可能性をたくさん感じさせてくれた、ワークショップとなりました。

鈴形.jpg
鈴形を重ね合わせたデザインのシノダケ・ヒンメリ

   N山さん

コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - シノダケ・ヒンメリ ブログトップ