SSブログ
なな山だより ブログトップ
前の10件 | -

数々の希少種の出現に驚くばかり……なな山緑地自然観察会 - なな山だより《イベント・活動紹介》 [なな山だより]

日にち:2月5日(水)

2年越しで進められていた計画が実り、長池公園副園長の小林健人さんを迎えての観察会が実現することになりました。当日は穏やかな冬晴れに恵まれ、10時には会長のT木さんも加わり、10名で小林さんから多摩の緑地の概要の説明を受けました。

西の谷ではエナガの一群にシジュウカラが加わりコゲラも続くといったパターンの解説。中の山では「アオゲラがいますよ」小林さんの声にコナラの高い梢でしきりにつついている様子をじっくり観察できました。中の谷では東京都レッドリスト(絶滅の危険度が高い動植物名を掲載)に入っているトウゴクシダを観察。シダは根、茎、幹はすべて地中、地上部は葉とのこと。午後もシダ類の、コバノイシカグマ、ギフベニシダ、ナンゴクナライシダ、ハシゴシダ、アスカイノデと数々の希少種の出現に驚くばかりでした。

観察会は午後3時に終了。短い時間に冬枯れのなな山の植物をほとんどリストアップして下さった小林さんにはぜひ、また来ていただきたいと思いました。なな山は周辺の緑地や公園を結ぶ「緑の回廊」の中の大切な存在、里山の保全活動の重要性を再認識した日でした。
   M倉さん   「ななやまだより」49号(2020年5月)より

P.2 2020.02.05 なな山緑地観察会.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:地域

なな山だより49号をホームページで公開しました [なな山だより]

なな山緑地の会のみなさん

昨日I田さんからお知らせがあった「なな山だより」49号を、なな山緑地の会のホームページで公開しました。パソコンとスマホでご覧いただけます。

 なな山緑地の会ホームページ https://nanayamaryokuti.jimdofree.com/

ホームページ上部の「なな山だより」をクリックすると、なな山だより49号が枠内に表示されます。枠には1ページしか見えませんが、2~4ページは下部に隠れています。1ページのデータにマウスポインターを合わせ、マウスのスクロールボタン(まん中にあるボタン)を手前にクルクル回すと、隠れているページが出てきます。逆に奥に回すとページが下がります。

文字を大きくしたいという場合は、マウスポインターを1ページに合わせ、Ctrlキーを押したままスクロールボタンを奥にクルクルと回します。

印刷したいという場合は、なな山だより49号の枠のさらに下に「ダウンロード」ボタンをあります。これをクリックすればパソコンに保存できます。

是非ご覧ください。

ホームページ.jpg
ホームページ なな山だよりページ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

なな山だより49号発行のお知らせ [なな山だより]

なな山緑地の会、会員の皆様

皆様いかがお過ごしでしょうか? すでに、メール等によりご承知かとは思いますが、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、5月末までなな山の活動は休止となっています。

本来であれば明日の定例活動日に「なな山だより49号」を発行予定でしたが、残念ながらお渡しすることができません。そこでS子さんにご協力いただいて、なな山のホームページに掲載することにしました。なお、本誌実物は活動が再開されましたら、お渡しします。

今回のなな山だよりも充実した内容です。
1ページ目はI井さんによるキンランの草本分布です。とてもわかりやすく、きれいな地図をI井さんご自身で描かれています。
2ページ、3ページはイベント紹介と植物誌です。2月、3月とわずか2か月の間にたくさんのイベントがありました。どのイベントも興味深いものばかりです。
4ページは1月から3月までの活動日記です。余ったスペースには活動自粛になった後、咲いた花たちを載せています。

なな山はいつも通り、草木が生え、花が咲いています。再開されたら、作業がたくさんあるでしょう。それまで皆様体力温存して、どうぞお元気にお過ごしください。

掲載は明日、5月10日(日)です。ホームページではカラーで見ることができます。合わせて、ブログも是非、ご覧ください。

なな山緑地の会ホームページ https://nanayamaryokuti.jimdofree.com/

   I田さん

なな山だより49号.jpg
なな山だより49号 1ページ

コメント(0) 
共通テーマ:地域

私愚者の初夢 【深めよう会員の絆 リレー随筆】 なな山だより [なな山だより]

穏やかな初冬の庭で、暖かい日差しを背中いっぱいに浴びながら、いつか夢の中に。
近くの雑木林の手入れで、計り知れない木工用の材料が手に入った。切り出した小枝を切り揃えたり削ったり、穴をあけたり、そんなことをしていると額に汗が浮かび、だんだん薄着になってくる。
近年の気候変動で、この冬も、暖かかったり、突然寒くなって、また暖かくなる。テレビやインターネットの気象情報は急激な温度変化で体調を崩しやすいから注意しろと口癖のように報じている。そして、これは地球温暖化の影響だという。それも、温室効果ガスの二酸化炭素のせいという。世界中の環境・気象関係者は皆、二酸化炭素を排出させないようにしようと、国際的な取り決めをして、全地球人に呼びかけている。夢の中で誰かのつぶやきが聞こえたような気がした。
60年以上もの昔、小学校だったか中学校だったかで理科の授業でこんな勉強をした。現代の地球の気候は第三間氷期で次の氷河期に向けての間、温度がどんどん上がっていく時期に当たっているというのだ。でも何時か、温度上昇が止まって急に冷えだすこともあり得ると。それの予測は全くわからないとも。だとすると、二酸化炭素の排出をゼロにしても温度変化は起きるのではないだろうか。この辺りを、理論的に説明してくれる人はいないかな。今はもっと詳細にこのことは解明されているのだとは思うのだが。その話は全然耳に入ってこないようなのだ。
畑の作物も、森の樹々も、地球全体が温かくなり早く成長が進む。そのおかげで人類の暮らしは豊かになり、野生の動植物も暮らしやすくなった。寒冷地を好んだ動物たちも、大部分は暖地に順応するようになった。海水面の上昇に対応して標高ゼロメートルに近いところに住む人たちは徐々により高い場所への移動を起こすようになった。人も動物も植物も、それぞれの叡智をフル活動させて、地球の楽園が実現した。
これは夢だったか。
   A田さん
          「なな山だより」48号より

地球.png


コメント(0) 
共通テーマ:地域

第二小学校なな山で遊ぼう 【イベント・活動紹介】 なな山だより [なな山だより]

日にち:12月15日(日)
12月15日(日)に多摩第二小学校「なな山で遊ぼう」開催されたがました。
参加者は子ども140人、保護者40人、主催の第二の小学校おやじの会15人なな山緑地の会の会員12人、その他5人総勢212人でした。準備はおやじの会となな山緑地の会で事前に行いました。
当日の遊びは、
1. 7mの高さからのターザンロープ
2. 立木の間のブランコ
3. 長さ12mの落ち葉滑りと、滑り込む落ち葉のプール
4. 5mの一本梯子
5. ノボリ梯子(ワンタッチラダー)
6. 10mの滑車付きターザンロープ
7. 幅6cm長さ15mのベルト綱渡り
など豊富な種類がそろっていました。

工作のコーナーは「作って飾ろう、作って遊ぼう」として
1. クリスマスリースづくり
2. クリスマス飾りづくり
3. ぶんぶんゴマ
4. シノダケで作るうぐいす笛
5. 丸太切り(太さの違う6種類)
6. シノダケで作る弓矢
7. サンタさんの飾りづくり
8. その他自由工作
と、こちらも種類豊富でした。
お昼のお弁当タイムにはにはおやじの会から温かい豚汁、焚火焼き立ての焼き芋、そしてお茶が振る舞われました。心地よい日和の中、子どもたちはもちろん、保護者や主催者・協力者200人を超す誰もが、十分に楽しみ、笑顔と歓声が尽きない素晴らしいひと時を持つことが出来ました。
          「なな山だより」48号より

ターザンロープ.png
ターザンロープ

リースが完成.png
リースが完成

落葉滑り.png
落葉滑り

お昼の豚汁.png
お昼の豚汁

コメント(0) 
共通テーマ:地域

ヒイラギ 柊 モクセイ科 【なな山植物誌】 なな山だより [なな山だより]

12月末になると、なな山の広場入口の両脇にあるヒイラギの花が咲きます。白くて小さな花で目立ちませんが、モクセイ科なのでとても良い香りがします。ヒイラギの葉は若いうちは刺が痛いのですが、古木になると枝の上部の葉の刺は無くなり、丸い葉になります。また、なな山のトイレの脇にあるカクレミノの葉は、1枚の葉が3つに分かれたり、5つに分かれたりしていますが、幹の先端のほうの葉は1枚になります。異型(形)葉といい、幼木と成木で、あるいは成木の中でも違う葉の形になる木があります。なな山のヒイラギには異型葉は見られませんが、高尾山の1号路で3号路と分かれた先の左側にあるヒイラギには刺のない葉が見られます。ホルモンの働きでこのようなことが起こるようです。
他にもあるかも知れません。探してみましょう。
   N原さん
        「なな山だより」48号より

ヒイラギの花_だより48_200112.JPG
ヒイラギの花

ヒイラギの異型葉_だより48_200112.JPG
ヒイラギの異型葉。中2枚は過度期のもの

カクレミノの異型葉_だより48_200112.JPG
カクレミノの異型葉

コメント(0) 
共通テーマ:地域

復活! なな山自然観察会 【イベント・活動紹介】 なな山だより [なな山だより]

日にち:12月21日(土)
南鶴牧小学校の「なな山自然観察会」は、平成24年(2012年)3月に始めました。南鶴牧小学校の学区は多摩ニュータウン開発後に転居にされて来られた方の町にあります。子どもたちだけでなく、子どもたちの家族の方々にも昔の多摩ニュータウンの面影が残っている里山を体験していただき、この地域の里山の自然と文化を感じてもらいたいと考えたのがきっかけでした。春に2回、夏、秋、冬と季節ごとに観察会を実施したのは、同じフィールドを季節ごとに見ていくことで、季節による変化を感じてほしかったからです。6 年間続いた「なな山自然観察会」でしたが、職員の異動に伴い平成30年(2018年)は途絶えてしまいました。
令和元年(2019年)の秋に、春・夏は計画できなかった「なな山自然観察会」を復活しました。秋はこれまでも晩秋の紅葉シーズンに計画していましたが、実施当日、雨の予報が出ていたために延期して、行くことができたのは年も押し迫った12月21日となってしまいました。インフルエンザが流行していた影響もあり、子ども5名、大人4名、計9名の少人数で伺いました。
当日は、寒い中でしたが、なな山緑地の会のたくさんの方にご案内いただき、西の山と中の山の観察だけでなく、落葉のそりすべり、ブランコで遊ばせていただきました。また、もう大きくなったカブトムシの幼虫を見たり、篠竹のヒンメリづくりやブンブンごまづくりを教えていただいたりして、充実した里山遊びをすることができ、子どもたちは大満足でした。昼食を食べた後、作った作品をおみやげに帰りました。春の観察会の日程も決まりました。今後ともよろしくお願いいたします。
   南鶴牧小学校 F田さん
          「なな山だより」48号より

タマノカンアオイを説明_640.jpg
タマノカンアオイを説明

コメント(0) 
共通テーマ:地域

三方の森ふれんどまつり 【イベント・活動紹介】 なな山だより [なな山だより]

日にち:10月5日(土) 場所:三方の森コミュニティ会館
三方の森ふれんどまつりに協力団体として昨年、一昨年に引き続き参加しました。
昨年は会場の都合で、広場にテントを張りヒンメリと木工工作で参加しました。女の子はヒンメリ作りを楽しみ、男の子は木工のクルリンカー作りで完成した車を坂で転がして喜んでいました。工作では、ぶんぶん独楽が人気で子供たちは皆んな熱心に製作し、回し方を教わって回ると笑顔いっぱいでした。中には大人も昔を懐かしんで作ってみようと参加する方もおられました。今年はもっと広い広場を活用した遊びができたらいいかなと思っています。
2015年、多摩市の社会福祉協議会が音頭をとり、近隣の自治会、自主防災組織、特別養護老人ホーム、児童館、各種趣味の会等に声掛けして「三方の森ふれんど」をいうコニュニティーを立ち上げました。当初はこの地域は多摩市のなかでも、高齢者が多く、高齢者向けの活動が多かったのですが、子供にも目を向ける必要性があるとして2018年に子供たちと触れ合うお祭りを始めました。まだ2回目ですが多くの子供たちがあつまってくれました。これからも「なな山緑地の会」は協力団体として携わっていきたいと思っています。
   T木さん
          「なな山だより」48号より

木工工作.png
熱心に木工工作を製作中

コメント(0) 
共通テーマ:地域

あけましておめでとうございます 【なな山だより】 [なな山だより]

昨年5月に年号が平成から令和にかわり「なな山緑地の会」も17 年目を迎えました。今年は56年ぶりに東京でオリンピックが開かれます。しかし、なな山の自然の16年は特に目立った変化はありませんでした。例年通り、第二小学校恒例の「なな山で遊ぼう」のイベントには200人越えの児童、父兄が訪れて楽しい一日を過ごしてくれました。又一昨年に続き「三方の森ふれんどまつり」にも参加し多くの子供たちと触れ合うことが出来ました。
そして今年は多くの方々がなな山に見学に行きたいというお話があると聞いています。これは「なな山」を知っていただくいい機会になると思っています。
畑作業では、昨年初めてニンニク、エシャレット、ハヤトウリの栽培をしハヤトウリは多くの収穫があり、この夏のニンニク、エシャレットの収穫が楽しみです。
今年も事故、怪我もなく楽しく活動できるような一年でありますよう、会員のみなさま、関係各位のご支援、ご協力をお願いしてご挨拶とさせて頂きます。
            令和二年一月
   なな山緑地の会 会長 髙木直樹
     「なな山だより」48号より

P.1.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:地域

新年の挨拶、なな山植物誌、イベント・活動紹介、リレー随筆 【なな山だより48号発行】 [なな山だより]

なな山緑地の会「なな山だより」48号が、1月12日(日)の活動日に発行されました。

10月から12月にかけて開催されたイベントや活動の紹介では、「三方の森ふれんどまつり」や「第二小学校なな山で遊ぼう」、「南鶴牧小学校なな山自然観察会」のレポートが掲載されています。

心配りが豊かな「なな山植物誌」は、初冬のなな山入り口に小さく咲くヒイラギの話。。毎回評判の会員によるリレー随筆は、地球の温暖化に関わる初夢です。

48号の内容は、下記の当会ホームページからダウンロードしてご覧いただけます。

「なな山緑地の会」ホームページ
https://nanayamaryokuti.jimdofree.com/なな山だより/

なな山だより48号.jpg
なな山だより48号

コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - なな山だより ブログトップ